葬儀・葬式

【葬儀後の礼状ってどう書くの?】礼状のマナーや書き方についてご紹介

身内に不幸があると悲しい気持ちでいっぱいいっぱいなのに、お通夜や葬儀の準備でバタバタとしてしまいますよね。
さらに、葬儀が終われば落ち着くという訳ではなく葬儀後にもすることがたくさんあります。

そんな中でも葬儀後にお世話になった方に書くのが「礼状」てす。

では礼状の書き方や相手、マナーなどはどのようなことがあるのでしょうか?

今回は「葬儀後の礼状って?マナーや書き方はどうすれば良い?」についてご紹介させていただきます。

そもそも葬儀後の礼状って?

そもそも葬儀後の礼状とは

葬儀後の礼状とは、その名前の通り「葬儀が終わったら出すお礼状」のことです。
お通夜からお葬儀まで故人のご家族だけでなく、ご友人、会社の方など様々な方に参列をしていただくことになります。
葬儀は喪主だけでなく上記のような多くの方のサポートがあって執り行われる儀式です。
そのような方々に表す「感謝の気持ち」が礼状です。

葬儀後の礼状は誰に書く?

葬儀を執り行う経験は滅多とないのでどの方に礼状を書くべきなのか悩むこともあると思います。

葬儀後のお礼状はその葬儀に

・参列して頂いた方
・お悔やみを頂いた方
・お香典やお供え物を頂いた方

などにお礼の気持ちとして書くのが一般的です。

葬儀後の礼状はいつ出すもの?

喪主やご遺族は故人の突然のご逝去でお通夜やお葬儀で多忙となっていたことで、もしかすると参列並びにお悔やみを頂いた方に失礼があったかもしれません。

そのような方に葬儀後、一区切りしてから改めてお世話になったことや感謝の気持ちを伝えるためにお礼状を書きます。

葬儀後一区切りと言いますが、一般的には「49日の忌明け後」にお礼状を出します。

葬儀後の礼状の内容は?

葬儀後にお礼状を書く場合、初めての経験だとどのような内容にすれば良いか悩んでしまうこともあると思います。

せっかく多忙の中お時間を作って参列をしていただいた方に宛てたものですから、きちんと気持ちを込めて書きたいですよね。

そこでここでは、基本的なお礼状の内容についてご紹介させていただきます。

故人の名前や戒名

お葬儀のお礼状の基本となるのが、故人のお名前を書くことです。
また戒名もある場合はそちらも記載します。
差出人が故人とどのような関係性なのかも書いておくことで読む相手が理解しやすくなるでしょう。

感謝のお言葉
お礼状の最も重要な部分である「感謝の気持ちを述べるところ」です。
ご多忙のところを参列頂いたお礼の言葉を心を込めて書きましょう。

差出人

お礼状が誰からのものなのか分かるように自分の名前も記載します。
また、喪主だけの名前を書くことや「親族一同」と連名にすることもあります。
そこはご遺族で話し合ってからお礼状の差出人の名前の書き方を決めるようにしてください。

葬儀後の礼状の書き方や例文は?

葬儀後に書くお礼状は参列を頂いた方のご事情を配慮して様々な文面で書くことが一般的です。
そこでここでは、葬儀後の礼状でのそれぞれの書き方についてご紹介させていただきます。

会葬のお礼状

こちらはお通夜やお葬儀の当日に直接お渡しするもので忌明けの挨拶状とは別のものです。
きちんと忘れずに準備をしておくようにしましょう。

内容としては「ご多忙の中、ご会葬を頂きましてご鄭重なご弔意を賜り、誠に有難く心より御礼を申し上げます。」などという言葉と略儀であることの謝罪のお言葉を添えて喪主の名前や日付などを記載するようにしましょう。

お世話になった方へのお礼状

故人が生前お世話になった方へお礼状を書く場合は故人の気持ちを代筆するようにお礼状を書きましょう。

内容としては「生前お世話になりましたことを(故人の名前)に代わりまして心から厚く御礼申し上げます。また(故人の名前)の葬儀に際しまして御配慮賜り誠に有難う御座います。」などというお言葉と、お相手への労いのお言葉を添えるようにしましょう。

遠方より参列をして下さった方へのお礼状

遠方より参列をして頂いた方にはそのことへのお礼も記載するのがマナー。
内容としては「ご多忙中にも関わらず、遠路よりお運び頂き誠に有難く御礼申し上げます。」という旨を記載するようにしましょう。

お悔やみを頂いた方へのお礼状

お通夜やお葬儀に参列されなかった方からお悔やみを頂いたときにもお礼状を書きます。
内容としては「この度はご弔慰のお手紙を頂き、誠に有難く御礼申し上げます。」という旨と故人のお気持ちを代筆し心を込めてお礼を申し上げましょう。

弔辞を頂いた方へのお礼状

お葬儀に弔辞を頂いた場合にはできれば早めに、または忌明けの挨拶状にお礼を書きます。

内容としては「ご多忙中にも関わらず、弔辞を賜りまして誠に有難く御礼申し上げます。」ということとお葬儀が無事に終えられたことへの感謝の気持ちを記載しましょう。

お香典・お供え物を頂いた方へのお礼状

お香典・お供え物を頂いた方へのお礼状は忌明けに際して「香典返し」を送るのが一般的です。

内容としては「葬儀に際しましてご厚志を賜りまして心より御礼申し上げます。」と御礼の言葉を忘れないようにしましょう。

忌明けの挨拶でのお礼状

49日後の忌明け後にお葬儀でお世話になった方に返礼品を添えてお礼状をお送りします。

内容としては葬儀でのお礼、法要が無事に済んだことを記載しておきましょう。

まとめ

お葬儀後にお出しする礼状とは参列者などのお葬儀でお世話になった方々に「感謝の気持ちを述べる手紙」のことを言います。
お礼状は参列者によって書き方も異なるために、そのケース毎に心を込めて書く必要があります。

「葬儀屋本舗 星空」は私たちも共に寄り添い、誠心誠意サポートをさせて頂きます。
ご不明点や不安なことが御座いましたら、お気軽に当社へご相談下さい。