葬儀・葬式

【お葬式でワンピースは大丈夫?】色などのマナーについてご紹介します

大切な友人や家族とのお別れって悲しいものですよね。
お葬式は故人を偲び最後のお別れをするという儀式であり、周りのご遺族にも失礼のないようにルールを守らなくてはいけません。

そのときに特に気をつけたいマナーがお葬式での「喪服」についてです。
女性がお葬式に参列する場合「ワンピースでも良いのか」悩むこともあると思いますが実際はどうなのでしょうか?

今回は「お葬式で女性はワンピースを着て良いの?色などのマナー」についてご紹介させていただきます。

お葬式で女性はワンピースを着て良いの?

お葬式で着る喪服には「故人への哀悼の意を表す」という意味もありますので故人そしてご遺族の方にも失礼のないような服装を選ばなくてはいけません。

そもそも喪服には「正喪服」「準喪服」「略喪服」があり、ご遺族が格式の高い正喪服、参列をする方は準喪服が一般的に着用をする服装となります。

女性のお葬式での喪服選びで「ワンピースを着用しても良いものか」悩むこともあると思いますが、結論としては着用可能です。

お葬式で女性がワンピースを着るときのマナー

お葬式で女性がワンピースを着用することは可能ですが、どんなタイプでも良いと言う訳ではなくきちんとしたマナーがあります。

そんなマナーについてご紹介します。

カラーについて

お葬式での喪服は「黒色」が基本です。
女性がお葬式でワンピースを着用する場合には「ブラックフォーマルのワンピースタイプ」を選ぶようにしましょう。

また黒色のワンピースは生地によって透けやすいものもありますので、中にも黒色のアンダーシャツを準備しておきましょう。

スカートの丈

ワンピースには様々なタイプがありますが特に気をつけたいのが「スカートの丈」です。
スカートは短すぎると肌の露出が多く、失礼にあたります。
一般的な丈の長さとしては「膝下からふくらはぎくらいの丈」がベスト。
お葬式はお洒落をする場ではありませんので気をつけるようにしましょう。

デザイン

ワンピースを選ぶときには「肌の露出」が最低限になるものを選びましょう。
胸元が開いたデザインも避けましょう。

ストッキング

ワンピースに合わせるものとしてストッキングを着用するか悩むかもしれませんが、こちらは必須アイテムです。
ストッキングは肌色でなく「黒色」がマナー。
黒色で
・光沢のないもの
・柄のないもの
・生地が薄くないもの
を選ぶようにしてください。

お葬式で半袖のワンピースは良いの?

黒色は紫外線も吸収しやすいことから、夏場にお葬式に参列する場合「半袖のワンピースでも良いのか」悩むこともあると思います。

結論としては、お葬式で半袖のワンピースはご法度です。
これは、女性の着用するワンピースに限らず「お葬式に半袖はふさわしくない」とされており喪服自体に半袖のタイプは基本的に販売をされていません。

夏場であっても葬儀場などは空調が効いていることもありますので、できる限り失礼のないようにマナーを守って参列をするようにしましょう。

お葬式でその他に女性が気をつけるマナー

ワンピースが決まっても身の回りの小物類にもマナーがあります。
お葬式で女性が気をつけておきたい身の回りのものについてご紹介します。

バック

お葬式でのバックは黒色にし、光沢のあるものや殺生をイメージさせるような素材は避けましょう。
また荷物が入らない場合などはサブバッグも用意しておくと良さそうです。

こちらも黒色にし、バックと同様に光沢のあるものや殺生をイメージさせるような素材は避けましょう。
当日になって歩きにくくないような靴を準備しておきましょう。

アクセサリー

基本的に結婚指輪以外は外しておくようにしてください。
また首飾りなどをするときには「涙を表す」と言われるパールで1連のものを選びます。
2連や3連などは不幸を重ねると言いますから避けましょう。

まとめ

お葬式で女性の喪服にあたる、ワンピースは色やデザインに気をつければ着用が可能です。
お葬式は機会が少ないだけに分からないことや不安なことがあるのは当たり前。
「葬儀屋本舗 星空」は私たちも共に寄り添い、誠心誠意サポートをさせて頂きます。
ご不明点や不安なことが御座いましたら、お気軽に当社へご相談下さい。