葬儀・葬式

【お葬式費用はそれで本当に大丈夫?】相場や内訳、必要料金をリアルに紹介

お葬式は参列をする機会はあっても自分が執り行うことも滅多にないので、いざというとき知識がなく「いくらくらいかかるのだろう?」と疑問に思うこともありますよね。

お葬式に関しての費用や詳しい内訳について知っていないと、いざというときに

・盛大なお葬式を提案され相場よりもはるかに高額になってしまった
・見積金額は安かったのに追加料金などで予算をはるかにオーバーしてしまった

など故人を偲ぶ大切な時間なのに、後悔ばかりの残念なお葬式になってしまいかねません。

このようなことにならないようにするためにも自分が思う、お葬式の内容と予算をおおまかに計画しておき、実際の相場や内訳を知っておくことも大切です。

そこで今回は「お葬式費用の相場やその内訳は?全国平均や必要料金の内訳」についてご紹介させていただきます。

お葬式の費用の相場について

お葬式の費用と言えば「高い」というイメージですが、いくらぐらいが相場なのかは分かりませんよね。
実際、自分がお葬式を執り行うことも滅多にないのでいざというときになってから調べる人がほとんどです。

現段階で、お葬式にかかる費用の全体として地域によって100万円ほどの相場の平均に違いがあるようですが、おおよそ「185〜195万円くらい」がお葬式費用の相場とされています。

しかしこれは、相場であってお葬式の規模によってはさらに費用がかかることも珍しくはない話です。

具体的なお葬式費用の内訳は?

お葬式費用の相場ですが、これは「お葬式にかかるお金」だけではありません。
お葬式費用の総額は葬儀儀式そのものの費用、接待費用、寺院費用などをトータルしたものを指します。

葬儀会社によっては、見積も書に書かれておらず後から不明瞭な費用として請求をされたりお葬式の後でないと費用が確定しない場合もありますので「葬儀会社選び」が非常に重要になってきます。

ここでは、具体的なお葬式の費用の内訳ついてご説明させていただきます。
全体で「いくらくらいか」というおおよそのイメージをしておくと、いざといときに予算の確定をしやすくなるというメリットがあります。

葬儀の費用

こちらは、お葬式にかかる費用のことです。
「葬儀本体費用(葬儀一式)」などと言われることもあり、葬儀会社によく案内される「プラン」「セット」という括りになったものです。

おおまかな内訳についてです。

・遺影
カラーや白黒、大きさなどによって費用は異なります。
相場は2〜10万円です。

・セレモニーホールなどの会場費や人件費(スタッフ)
斎場や自宅かなどで大きく費用が変わります。
相場は5〜100万円です。

・祭壇
規模で差がありますが相場は15〜100万円です。

・棺
材質などによって異なり、相場は5〜10万円です。

・霊柩車
使用をする距離によって異なり、相場は5〜15万円です。

以上のようなものがあげられます。
これらをまとめて「葬儀プラン」とも呼ばれていますが、規模を大きくするほど費用も高くなり、費用の全体相場としてはおおよそ「100万円〜」と言われています。

そして公営の火葬場を利用した場合は費用がかからないということもありますが、葬儀プランには「火葬費用」もあり、火葬は喪主が火葬場に直接料金を支払う場合と葬儀会社が立て替えて見積もり書に記載されていることもあります。

飲食などの接待の費用

お葬式やお通夜の飲食でかかる費用や香典返しにかかる費用をまとめて「接待費用」などと呼びます。
こちらは弔問に訪れた方の人数によって変動をし、飲み物を開けた本数などでも変わってくるので見積もり書に記載されている費用よりも高くなってしまうこともあるので要注意です。
そしてこの接待費用の全国の相場としては「30万円〜40万円」となっています。

宗教者への寺院費用

寺院のご僧侶をお呼びして、
・読経
・戒名授与
・お膳料
・お車代
などの喪主がご僧侶へお渡しをする費用を「寺院費用」などと呼びます。
謝礼であるために大きく費用の相場に差があり、依頼する寺院や戒名の種類によっても金額は異なりますがおおよその相場は「20〜80万円」です。

お葬式の費用を安く抑えるには?

慣れないお葬式の執り行いは慌ただしく準備もしないといけないために、つい予算をはるかにオーバーしてしまったり後から驚くべき金額が請求されるなどトラブルも起こりがちです。
では、出来る限りお葬式の費用を安く抑えるにはどのようにすれば良いのでしょうか。
その方法についてご紹介させていただきます。

お葬式の形式を重視して葬儀会社を選ぶ

葬儀費用をなるべく安く抑えたい場合は「お葬式の形式」を考えましょう。
お葬式の形式は直葬、家族葬、一般葬の順に費用が高くなり規模によっては100万円以上差が出ることもあります。
葬儀会社のプランをうまく利用して費用を抑えるイメージをしておきましょう。

明確に見積もり金額が分かる葬儀会社を利用する

葬儀会社は見積もり金額が出ていても不明瞭な費用を追加料金として請求されたり、後から変動をすることも当たり前。
しかし、それで予算をはるかにオーバーしてしまっても困ります。
見積もり金額では「お葬式の費用」だけが記載されており、「接待費用」「寺院費用」が追加された請求書を受け取ってから驚いてしまうとがないように打ち合わせ段階できちんとした金額を聞いておくことが費用を抑えることに繋がります。

まとめ

故人を思う気持ちを忘れず、そしてより安く良いお葬式をおこなうためには「葬儀会社選び」が重要です。
「県民葬祭 星空」は不明瞭な費用は発生せず、もしも追加料金がある場合はご了解を頂いてからのお手配となりますので心に残る家族葬をご希望に応じた低価格でご案内させていただきます。
私共も共に寄り添い、誠心誠意サポートをさせて頂きますのでご不明点や不安なことが御座いましたら、お気軽に当社へご相談下さい。

お問い合わせください。

故人を送り出すために多額のお金を使おうと思っていませんか?送り出すために必要なのは、「故人への気持ち」です。一度金額を見直してみませんか?

145,000円からお葬式が始められます。
詳しい情報をご覧ください。