葬儀・葬式

葬儀で供花につける名札の書き方は?付け方や注意点も

数珠

葬儀で供花を贈ることがありますが、名札の書き方や注意点について知っていますか?

供花は贈る人の故人との関係によって名札の書き方も異なりきちんとマナーを守らなければ失礼になってしまうこともあります。

そこで今回は「葬儀で供花につける名札の書き方は?付け方や注意点」についてご紹介させていただきます。

葬儀で供花を贈る意味は?

葬儀で供花を贈る意味

葬儀の際に見かける供花ですが、供花を贈ることにはどのような意味があるのでしょうか?

葬儀が執り行われる宗教で最も多い「仏式葬儀」の場合、供花は故人を弔う気持ちを込めて贈るものです。
そしてキリスト教での葬儀の供花は故人を装飾するという飾りの意味で用いられます。

葬儀の供花は誰が贈るもの?

葬儀における供花ですが、これは遺族が用意をすることもあります。
しかし、参列者や葬儀に参列ができず故人と関わりのあった方が贈るということもあります。

供花は誰が贈らなくてはいけないという指定はなく、誰でもが贈ることができるお花です。
例えば
・故人の子供や孫
・故人の会社関係の方
・故人と親交があった友人
などがあげられます。

葬儀の供花に付ける名札とは?

故人を弔うための供花ですが葬儀で贈るには「誰が」贈ったものなのかを分かるように名札に名前を書きます。

しかしただ名前を書くのではなく、贈る人物が複数の場合や故人との血縁関係などの贈る人物によって供花の名札の書き方が異なります。

葬儀の供花に付ける名札の書き方

供花の名札は木製のものです。
葬儀会場に飾り、他の方の目にもつきますので誰が贈ったのか分かるように綺麗に書かなくてはいけません。
そこでここでは、供花に付ける名札の書き方についてご紹介します。

家族や親族が供花を贈る場合

家族や親族が供花を贈る場合、名札の書き方はいくつか種類があり
・子供一同
・孫一同
・兄弟一同
・○○家一同
・○○家子供一同
・○○家孫一同
などが一般的です。
家族や親族が供花を贈る際の形式は特に決まりはありませんので上記のような形で名札に記名すると良いでしょう。

夫婦で供花を贈る場合

夫婦が供花を贈る場合、名札の書き方は「夫の名前」だけを書きます。

友人から供花を贈る場合

友人が供花を贈る場合、名札の書き方は「友人一同」などが一般的です。
友人一同以外の場合は○○大学一同など大学など属する関係でひとくくりにして贈るようにします。

会社から供花を贈る場合

会社から供花を贈る場合、名札の書き方は代表者または連名で書きます。
代表者のみを名札に書く場合は
・○○株式会社
・○○株式会社代表取締役社長
など会社名や役職、フルネームを書きます。
長くなり、おさまりきらない場合は㈱や㈲のよう略式も可能です。
そして、社員一同が連名で名札に書く場合は3人までであれば、連名で書くことができます。
しかし、それ以上の場合は書くことができないために
・○○株式会社一同
・株式会社○○課一同
など部署を書くと良いでしょう。
部署や株式会社の全員ではない場合は「○○有志一同」と記載すると良いです。
有志一同であれば、集団の中の一部の人たちによって供花を贈っているという意味になりますので全員からではない場合に使います。

葬儀の供花に付ける名札の注意点

供花を贈るときには、贈る側がそれぞれ気をつけなくてはいけないこともあります。
ここでは、踏まえておきたい供花の書き方の注意点についてまとめます。

供花のサイズを考えて

供花を贈るときには葬儀会場の広さやご遺族のことを考えて選ぶようにしなくてはいけません。
弔う気持ちを示したいばかりに豪華すぎる花を選んでしまうと返ってご遺族に手間を掛けてしまうかもしれません。
サイズは必ず一緒に贈る人や葬儀会社と相談してから選んでください。

名札はキレイに書く

当たり前のことではありますが、名札は葬儀会場に来る参列者やもちろんご遺族の目にも入るものです。
くれぐれも失礼のないように適切な表記で綺麗に書かなくてはいけません。

供花に個人の名前は書かない

家族や親族が供花を贈る場合、3人程度で名前を「連名」にする方法はありますが「兄○○○○」など一人で供花を贈ることはありません。

夫婦は妻の名前を書かない

供花を夫婦で贈るときには妻の名前を書いてはいけません。
妻の名前も書き、連名にしてしまうとこれは
・離婚している
・別居状態にある
ということを表してしまいます。
葬儀では二人の名前を書くこともあるとは思いますが供花では夫の名前のみになりますので気をつけましょう。

友人はなるべくまとめて贈る

大学や幼馴染みなど共通をする友人がいる場合は一人ずつではなく「一同」でまとめて供花を贈るようにしましょう。
もし一人ずつ供花を贈ってしまうとご遺族の負担も増えてしまいます。

まとめ

葬儀で弔慰を示すために贈る花として供花がありますが、名札に名前を書くにも故人との関係によって書き方も異なります。

もしものことがあってから分からずに名札を書いて、マナー違反となってしまうことがないようにするためにも今回のことを踏まえて慎重に準備を進めるようにしてください。

「葬儀屋本舗 星空」は家族葬を専門に取り扱っており、故人やご遺族の気持ちを大切に誠心誠意サポートをさせて頂きます。
ご不明点や不安なことが御座いましたら、お気軽に当社へご相談下さい。

お問い合わせください。

故人を送り出すために多額のお金を使おうと思っていませんか?送り出すために必要なのは、「故人への気持ち」です。一度金額を見直してみませんか?

145,000円からお葬式が始められます。
詳しい情報をご覧ください。