葬儀・葬式

葬儀で供花を飾る前に喪主が知っておくべきマナーについて

供花という言葉は葬儀に参列をしたことがあっても初めて聞くという方は多いのではないでしょうか。

身内や親しい友人などの訃報をきっかけに初めて供花について調べる方もいらっしゃるかもしれませんが、いざ喪主になったときには葬儀までに供花の準備や設置など慌ただしくなるものです。

では、葬儀で供花を飾る前に喪主が知っておくべきマナーはどのようなことがあるのでしょうか。
ご紹介させていただきます。

葬儀で見かける供花の役割や意味

供花は葬儀やお通夜のときに見かけますが、どのような意味があるのでしょうか。
供花は故人を供養するために会場に供えられている花で

・輪っかの形
・かご
・プランター

などに生けられるなどして飾られています。

そして入院をしていたり、遠方などであるなどという理由で葬儀に参列ができない人や故人と親しい関係の人が贈ります。

弔う気持ち、そして感謝の気持ちを故人に示すための大切なお花なのです。

葬儀で供花を飾る前に喪主が知っておくべきマナー

いざ自分が喪主になったとき、供花をどのように飾れば良いのか分からないというトラブルもよくあるものです。

確かに分からないことは葬儀会社に任せることができますが、やはり故人と供花を贈って下さった方のことを知っているのは喪主ですので飾るときには気をつけるべきマナーもあるものです。

供花を飾る順番

供花は葬儀前に葬儀会場へ届けられますが、並べる順番は届いた順番に置いていくという方法ではマナー違反。

葬儀において、供花は故人と関係が深い人から順番に祭壇の中央から並べるという決まりがあります。

この供花を配置する順番が原因で親族間のトラブルになってしまうこともありますので、喪主がしっかり故人との関係性を把握して近親者から順番に並べるようにしていきましょう。

供花のバランスも大切

供花は花の色や大きさなど様々な種類があり葬儀会場全体の雰囲気も変えますので、バランスは非常に重要です。
とは言え、故人との関係性を把握して並べるわけですから大きく順番を変えてしまうのはマナー違反。
供花のバランスを考えるときには、近親者から贈られてきた供花を中央から並べそのあとに左右や隣同士を交換すべきか全体の印象はどうかなどを葬儀会場のスタッフと相談して決めましょう。

供花のスタンド花の飾り方

1段と2段の種類があるスタンドに生けられたタイプの供花。
こちらを頂いた場合の飾り方は祭壇を向かって左右、葬儀会場内の端に並べるように飾ります。
並べ方やバランスのとり方がわからない場合は、葬儀会場のスタッフへ相談をしましょう。

供花を贈って下さった方の情報を控える

喪主は葬儀を執り行う上で葬儀会社との打ち合わせや、ご僧侶との打ち合わせ準備などで本当に忙しくなります。
そんな中で供花を頂いても忘れてはいけないのがお礼をするということ。
香典ではないのでお礼はしないということは絶対マナー違反。
供花を頂いた場合は、送り状から

・名前
・住所
・連絡先

などの情報を控えてお礼をすることを忘れないようにしましょう。

葬儀で枕花を頂いた場合は?

亡くなってすぐに届けられる「枕花」という花もあります。
こちらは、葬儀直前ではなく亡くなってからすぐに届くもので故人の枕元にお供えをするものです。

この枕花を頂いた場合は故人の枕元へお供えをし、葬儀の際にも棺の近くに飾りましょう。
こちらも近親者からの順に並べるという決まりがあります。

葬儀で花輪を頂いた場合は?

華やかで大きなイメージの花輪。
家族葬などのお葬式ではあまり見かけませんが、葬儀の規模が大きくなってくると花輪を見ることもあります。
こちらは供花の一種ではありますが背丈もあるために頂いた場合、喪主は葬儀会場の外壁に飾りましょう。
花輪は親戚一同や会社などの単位で贈られることが多いですが、祭壇には飾れないので注意しましょう。

供花は参列者も見ますのできちんとしましょう

葬儀にこれまで参列をしたことがある方は供花をあまり気にかけなかったかもしれませんが「供花を贈った参列者」は
・どのように置いてあるのか
・順番はどこなのか
など必ずチェックしています。
そんなときに、喪主が並べる順番を間違えていたりすると大変失礼にあたってしまいます。
このように、贈った方の気持ちを無駄にしてしまわないようにするためにも今回のような供花の飾り方は注意をして身につけておきましょう。

まとめ

大切な人が亡くなるということはとても悲しいものです。
急であれば特に心の準備もできていないだけにどうしていいのか分からくなってしまうこともあるでしょう。
しかし、葬儀というものは大切な人を供養してあげるための大切な儀式の1つです。
そんな葬儀で取り扱う供花もきちんとマナーを身につけて飾るようにしましょう。

「葬儀屋本舗 星空」は家族葬を専門に取り扱っており、故人やご遺族の気持ちを大切に誠心誠意サポートをさせて頂きます。
ご不明点や不安なことが御座いましたら、お気軽に当社へご相談下さい。

お問い合わせください。

故人を送り出すために多額のお金を使おうと思っていませんか?送り出すために必要なのは、「故人への気持ち」です。一度金額を見直してみませんか?

145,000円からお葬式が始められます。
詳しい情報をご覧ください。